ジスロマックの方が良いんだと気が付いた

クラミジアなどの細菌が原因の病気に効果を発揮するジスロマック。特徴としては1回の服用で効果が1週間続きます。症状にもよりますが、比較的少ない服用回数で治療することが可能です。又、副作用が少ないのもジスロマックの良い所です。

透明なおりものの増加と婦人科でのジスロマック処方

女性のおりものというのは、ふだんは子宮内をさまざまな細菌の侵入などから守るはたらきをもつものであり、無色透明であるか、適度に白っぽい程度というのがふつうで、それ自体は別に異常なものではありません。ところが、他人との性行為などをきっかけとする性感染症にかかってしまった場合には、このようなおりものの色、量、質感などが変化してしまうことがあり、逆に感染症にかかっているかもしれないというサインになることもあるのです。
たとえば、性器クラミジア感染症という病気にかかってしまった場合には、おりものの色は無色透明のままであったとしても、かなり量が多く、水分が多すぎる感じとなってきます。また、おりもののほかにも、不正出血や下腹部の痛みなどの、別の症状があらわれることがあり、放置してしまうと、子宮頚管炎や卵管炎などといった病気に進行して、子宮外妊娠や不妊の原因になってしまうことさえあります。
そこで、このような症状がみられる場合には、すみやかに婦人科などの専門のクリニックを受診して、ジスロマックなどの医薬品を処方してもらい、適切な治療にあたることがたいせつであるといえます。ジスロマックは、クラミジアをはじめとして、淋菌やブドウ球菌、連鎖球菌などといった、さまざまな細菌に対して効果があるマクロライド系の抗生物質であり、他にくらべると副作用のおそれも小さいとされています。
ジスロマックは婦人科のほかにも、さまざまな診療科目で使用されることがあるものですが、ともかくもこうした抗生物質の投与を受けることによって、細菌が体内で繁殖することが抑制されれば、不快な症状は落ち着いて、やがて感染症は治癒することになるものです。